若手社員の1日

若手社員の1日

日商社では日々どんな仕事をしているのか?
アカウントプランナー・メディアプランナー・アートディレクターとして
活躍する3人の若手社員の1日を追ってみました。

  • アカウントプランナー
  • メディアプランナー
  • アートディレクター

職種:アカウントプランナーキャリア:3年目 所属:第1アカウント・プランニング部 仕事内容:クライアントに対する窓口となるポジションです。 クライアントの現状や悩みを取材し、その情報を社内に持ち帰って、何が課題かを考え、それを解決するための手段を提案します。
9:30 朝礼・メールチェック 新たなメールが入っていないかチェック。 今日はクライアントから、締切ギリギリの新聞原稿に「文章を追加して!」との連絡があり、至急クリエイティブ室に相談。 このような緊急の連絡が入ってくることもたびたびありますが、落ち着いて対応します。
10:00 アポイントの電話
今日提案訪問する予定のクライアントへのアポイント確認や、新たな提案をしたいクライアントへアポイントを取るため電話します。
10:30 ウェブサイトリニューアルの打合せ 京都を中心に全国展開する老舗食品メーカーへ、ウェブサイトのリニューアルを提案中。 前回訪問時に伺った課題をどう解決するかについて、マーケティングプランナーとウェブディレクターを交えて3人で打ち合わせ。 その後、企画書修正作業。アカウントプランナーが企画書を書くこともしばしば。
12:00 昼食
同僚と近くの定食屋で昼食。 今進めている企画の相談や、プライベートの話などいろいろ話しながら息抜きです。
13:00 訪問準備・移動
クライアント訪問前に、前日準備しておいた資料を見直したり、サイトに新しい情報がアップされていないかをチェック。 最近は自社サイトでブログやニュースを頻繁に更新されている企業も多いので、話のネタづくりや新しい提案のヒントにしています。
14:00 クライアント訪問
・1件目:レジャー施設 先日掲載した新聞広告の反響など状況を伺う。 今回は前年同時期よりも反響が悪かったとのこと。 昨年の状況や他メディアとの関係など様々なことを伺いながら、今回反響が悪かった原因を考察。 ほか、雑談をしながら「おもしろいイベントを開催できないか」など、もっとこんな事ができたら……、という先方の希望や課題をヒアリング。 2件目:老舗料亭 広告原稿のデータ受け取り。 メールで済む用事でも、時間があれば出来るだけクライアントに直接お会いするようにしています。 クライアントとの日々の会話もこの仕事のおもしろさだったりします。
15:00 一旦帰社
新たな連絡が入っていないかメールをチェック。その後、先程受け取ったデータをクリエイティブ室に回し原稿内容について確認・伝達。資料を準備して、すぐに次の訪問先へ出発。
16:00 クライアント訪問
3件目:健康器具販売メーカー 前回のヒアリング内容を踏まえ、新聞やラジオ、イベントを絡めたメディアプランを提示。 興味をもってもらうことができ、ご検討頂けることに。 4件目:新規営業先 事前にチェックしていた企業に新規の営業訪問。 ご担当者が不在のため、改めて連絡する旨を伝える。 アポなし訪問の場合は先方不在のことも多いですが、地道な行動の積み重ねが新規顧客の開拓につながります。
18:00 本日の業務の整理と明日の業務の確認今日訪問した得意先の情報をまとめる。 蓄積された情報は、次の課題発見の材料になります。 その後、上司と1日の動きを話し合いながら、翌日以降の準備。 準備が終われば業務終了です。 19時過ぎ退社。 今日も1日おつかれさまでした!

職種:メディアプランナー
キャリア:5年目 所属:メディア・プランニング部 仕事内容:テレビ・ラジオ媒体の企画立案およびバイイング。 アカウント・プランナーが持ち帰ったクライアントのニーズを吸い上げて、放送局と一緒になって、ひとつひとつ企画をカスタマイズしています。
9:00 出社・メールチェック・朝礼 プロジェクトの進行状況をメールにてチェック。そして返信。 特に御礼の返信メールは忘れずに。
10:00 テレビ局担当来社・打合せ アカウントプランナーが抱える未解決の課題(=クライアントの課題)とテレビ局の意見を擦り合わせて企画を考えます。集客/販促/認知度向上など、クライアントによって課題はさまざま。 つまりは解決策もそれぞれにさまざまです。 仕事をする上でもっともエキサイトするところ。
11:00 ラジオパブリシティCMの原稿作成 クライアントの新商品やサービスをPRするために、ラジオ番組のパーソナリティが番組内でクライアントに成り代わり、その告知をするのがラジオパブリシティCMです。リスナーである一般の生活者にその内容が効果的に伝わるように原稿を作成します。そのためには、普段からクライアントの商品やサービスを熟知しておく事も重要です。
12:00 昼休憩
部長と2人で昼食へ出掛けます。仕事の話だけでなくオフタイムの話など日々思うことを聞いてもらっています。
13:30 ラジオ収録立会い
スタジオに生出演が出来ないクライアントは事前収録で対応します。収録日を迎えるまでに打合せや台本の構成を行い、当日の収録がスムーズに進むように心がけます。収録とはいえ、中には緊張されるクライアントもいらっしゃるので、現場を和ませる雰囲気作りも大切です。
15:30 同行セールス
アカウントプランナーに同行して、クライアントの年間広告計画のプレゼンテーションです。提案内容について詳細に説明し、受注に向けてアカウントプランナーをフォローします。
17:30 帰社・休憩・今後の課題の検討 先程のプレゼンテーションについて自分なりに検証してみます。提案内容についてクライアントの反応は良く、感触は上々でした。受注まであと1歩です。気を抜かずに追加提出資料の作成にとりかかります。
19:30 明日の業務内容確認・整理・退社 今日出来る事は今日中に。明日で良いものは明日に。自分の中でメリハリをつける事も大切。机の上を整理して退社です。

職種:アートディレクター
キャリア:5年目 所属:クリエイティブ室 仕事内容:広告や販促物などの制作物を制作・指示・管理する仕事です。コピーやデザインを自分で作るだけでなく、外部のスタッフさん達と協働して作り上げていくこともあります。
9:30 出社 会社に来るまでに見る広告や、同じ電車に乗っている人達のファッション、ふと聞こえたしゃべり声……どれもみんな新しいアイデアを考えるのに役立つ刺激。通勤時間はアイデアの宝庫です。
10:00 打合せ 外部のライターさんと打合せ。新しいシリーズ広告のコピーについて基本的な考え方を説明します。外部のベテランスタッフさんとの仕事は勉強になります。
11:00 録音 ラジオCMの録音をしにスタジオへ。原稿に命を吹き込むナレーターさんたち。原稿の意図を汲んで、アドバイスをくれるエンジニアさん。時には書いた原稿をその場で大幅に変更することで、より面白いCMに変化することも?!
13:30 昼食 少し遅めのお昼ごはん。近くへランチを食べに行くのも好きですが、展開の速いコンビニも大好き。お弁当を持っていく事もあります。毎日同じにならないように、変化のある昼食を心がけています。
14:30 写真撮影 広告に使う写真を撮影するためスタジオへ。撮影するオブジェの調達から小物の選定、背景の色まで、カメラマンさんやデザイナーさん達と相談しながら進めていきます。
16:00 コピーを考える 老舗クライアントの新聞広告に使うコピーを考えます。商品を魅力的に伝えるだけでなく、その老舗クライアントの企業姿勢に合ったコピーを考えるのは大変です。デザインした時に見栄えのする行の長さや、全体のボリューム等も考慮します。
18:00 新しい企画のミーティング どんな企画にするのか、全くの白紙からのスタートです。クライアントの企業風土はどういったものなのか、どういったところを目標にした展開がよいのか、社内で意見交換。
20:00 デザインワーク 急ぎのものが片付いてから、落ち着いてじっくりとした仕事をはじめます。今日は新商品のロゴやパッケージなどのデザイン。女性向けのかわいらしいもの、というお題を大事にしつつも、味わいあるデザインを目指して試行錯誤。

現在募集中の職種

このページの先頭へ