• HOME
  • 実績
  • ラジオ番組「心のともしび」

ラジオ番組「心のともしび」の番組制作、全国38局放送。1957年、京都放送にて番組が始まり、基幹局であるニッポン放送では最長寿番組として現在も放送中。

ラジオ番組「心のともしび」

クライアント 心のともしび運動本部
業種 宗教
実施機関 1957年 〜 現在放送中
ご提供サービス

ラジオ番組制作

この実績の内容

ラジオ番組「心のともしび」は、1957年、京都放送にて番組が始まり、ハヤット神父をはじめとして、三浦朱門さん、矢代静一さん、曽野綾子さん、犬飼道子さん、田中千禾夫さん、田中澄江さん、遠藤周作さんなど、多くの方々を招き、構成する番組です。現在では著名な執筆者による原稿を朗読する番組として半世紀にわたり放送され、「暗いと不平を言うよりもすすんで灯りをつけましょう」という言葉とともに多くのリスナーを今もなお勇気づけています。朗読者は故河内桃子さんより現在では、坪井木の実さんへと引き継がれていますが、河内桃子さんは、病床に伏せるまでの34年間、一度も休むことなく取り組まれ、番組放送が1万回を数えた1996年8月10日には、バチカン・ローマ教皇庁より、日本女性としては初めての勲章となる、「聖シルベストロ騎士団長章」が授与されました。尚、2012年には放送1万5000回を迎えます。

>> 他の実績を一覧で見る

ご相談・お問い合わせなどお気軽にご相談ください。

ご紹介しているサービスに関してや各種事業について、
ご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お急ぎの場合は、お電話075-211-3571もご利用ください。

お問い合わせ

このページの先頭へ